「今晩何にしますか?」仕事帰りのスーパーで

仕事帰りのスーパー5年前転職したばかりの頃、最寄駅の前にあるスーパーマーケットで夕食の買い物をしていました。
駅前のスーパーはいつも賑わっていて、ここから一人暮らしの部屋に帰りたくない気持ちもあってか意味もなく店内をうろうろして時間を潰すこともありました。
「ああ、一人でぶらぶらしてるのって変だよね。
買い物がてら出会いでも探してる感じ。」と思いつつもなんとなく帰る足取りが重くなる買い物でした。

週末になるとさらにプライベートな出会いがないかな、と考えるようになっているところでした。
前の職場に付き合っていた人がいましたが、同僚のいじめにあっていた私を庇うどころか一方的に私が悪いのだという態度をとるようになり、転職を機に別れました。
それからは職場や出会いサイトで見つかる出会いをあてもせず、かと言って別れたばかりだったせいもあって余計にひとりぼっちの時間を持て余していました。

ある日、そのスーパーの店内で中華サラダの試食が出ていました。
美味しかったので買ってみようかな、と考えていたところ仕事帰り風の男性が立ち止まり試食をしました。
店員さんが薦める中その男性は「ところでこれって普通自分で作れるものなんですか?」と尋ねました。
私はなぜか反射的に「作れます!」と強く答えてしまいました。
はっと気がつき、店員さんに営業妨害してごめんなさい、と謝りそそくさとその場を離れました。
ところがさっきの男性が追いかけてきました。
「あの、中華サラダ、どうやって作るんですか?結局買わなかった。」と笑ってそう言いました。

なんだか私もおかしくなって、ざっとつくり方を説明しました。
あまりよくわかっていない様子でした。
すると「あの、今晩何にしますか?」と聞いてきました。
妙な出会いでしたがこれをきっかけに度々スーパーデートを繰り返し、昨年結婚しました。
スーパーでの出会いなんて私たちだけよね、と彼と話します。
結局あの日から彼は一度も中華サラダを作っていません。

ページ上部へ戻る