バーベキューコンパに参加して、男性とデートするまでの話

5年付き合った彼氏に浮気をされて、なかなか別れられずにいた25歳の時。
ズルズルとこのままの関係は良くないと、新しい出会いを求めていました。
親しい友人たちにも、この思いは話していたので、いくつか出会いの場に誘ってもらっていました。
今では街コンやランニング合コン、料理コンなど様々なコンパの種類がありますが、当時はまだ珍しかったバーベキューコンパに参加したことがあります。
私の幼馴染と幼馴染がとある合コンで知り合った男性が主催で、5対5の計10名の参加でした。
開催日が夏だったので、バーベキュー後はみなでスーパー銭湯に行き、それからカラオケに行きました。
そのメンバーは寄せ集めだったので、私が知っている人は幼馴染だけでしたが、合コンとは違い、バーベキューの共同作業や銭湯で一緒に汗を流したりするので、仲良くなるまでに時間はかかりませんでした。
当時は、斬新な出会いの場だったと思います。
そうして、私がいいなと思った男性はカラオケで隣に座った男性でした。
歌が上手で、私が歌っている時にも合いの手を入れてくれ、好印象でした。
少なくとも自分に興味を持ってくれているな、という異性はわかると思いますが、まさにその男性がそう思いました。
一目ぼれや好きになったわけではなかったので、積極的にいけたのかもしれません。
連絡先を交換してから、私のほうからたまにメールを送っていました。
男性の反応を見つつ、嫌そうなら手を引こうと。
そうして、出会いの場から、数か月後に2人でデートをすることに。
どうやら、男性は保守的で「120%自分に向いてる。
」と確信できなければ、自分からアプローチできないと言われました。
デートで色々な話をしましたが、価値観が合わないことに気づき、その後は男性から再びデートに誘われもしましたが、進展はしませんでした。
久しぶりに思いだした若かりし頃の出会いです。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る